1. ホーム

内臓脂肪を減らすサプリのおすすめは?


内臓脂肪を効率的に落とすためのサプリは、有名なDHCをはじめ世の中にたくさんあります。最近ではテレビCMなどでビフォーアフター付の宣伝もありますね。

ただ、実際にサプリを使った人の口コミでは「このサプリは効果なし」という烙印が押されているものが多いようです。テレビやSNSで紹介されているから効きそう、芸能人が宣伝しているから効きそうという判断はやめたほうがよさそうですね。

では、本当のオススメサプリはどれ?ここでは、内臓脂肪や皮下脂肪を減らすことに「成功した口コミが多いサプリ」を徹底調査、中でも人気のサプリメントをランキング化して紹介しています。

効果口コミで人気!内臓脂肪サプリランキング


シボヘール
脂肪の分解促進×合成抑制×燃焼促進のトリプルサポート

葛の花減脂粒
葛の花イソフラボン+黒酢もろみで燃焼パワー強化

エクササイズダイエット
脂肪の分解促進×合成抑制をダブルサポート

シンプルな成分で安い機能性表示食品

4.8
メーカーハーブ健康本舗
お試し価格980円
お試し期間30日間
タイプ機能性表示食品

シボヘールは機能性関与成分の葛の花イソフラボンを配合したサプリで、内臓脂肪の合成を防ぎ、分解・燃焼をサポートします。他のダイエットサポート成分を配合しないぶん、コストを抑えた安い価格の機能性表示食品として人気があります。

通販限定で定期便もあります。定期便は継続回数に制限がなく、お得な価格でいつでもストップすることができるため非常にお試ししやすい販売形態になっています。

葛の花減脂粒
脂肪燃焼効率をアップさせる健康成分
葛の花減脂粒
4.5
メーカーDMJえがお生活
お試し価格1,850円
お試し期間30日間
タイプ機能性表示食品

葛の花減脂粒は葛の花イソフラボンを主体として、内臓脂肪の燃焼をサポートする黒酢もろみも配合されているサプリです。健康食品業界では知名度のあるDMJえがおが販売しています。

最安値の定期便は、最低5回の継続が条件となっています。お試し目的としては手が出しにくい販売形態になっているにもかかわらず、逆に期間内でダイエットを成功させたいという意欲の高い人から支持を受けているようです。

エクササイズダイエット
DHCの機能性表示食品
エクササイズダイエット
4
メーカーDHC
お試し価格3,013円
お試し期間30日間
タイプ機能性表示食品

市販での購入の手軽さならナンバーワンのDHC機能性表示食品、エクササイズダイエットです。機能性関与成分として3%グラブリジン含有甘草抽出物を配合しており、脂肪の合成を抑えて分解を促す効果に優れています。

1日あたり1粒の目安量なので、飲みやすい、飲み忘れにくいという評価があります。

4
スリムフォー
スリムフォー
3.5
メーカーオンライフ
お試し価格980円
お試し期間14日間
タイプ機能性表示食品

スリムフォーは葛の花由来イソフラボン配合のサプリメントです。体脂肪の減少効果が認められた葛の花イソフラボンがおなかの脂肪を減らし、理想体型を目指すサポートをします。

定期コースは初回は79%オフ、2回目以降も38%オフとお得になっています。いつでも途中解約可能で、2週間おきの配送となっています。

5
EGタイトピュア
EGタイトピュア
3
メーカー漢方生薬研究所
お試し価格2,980円
お試し期間30日間
タイプ医薬品

EGタイトPureはボウフウ、ケイガイ、マオウをはじめとした18種類の生薬を配合したサプリです。漢方の力で脂肪燃焼だけでなく、むくみや便秘解消も期待できます。

定期コース(モニターコース)は初回が70%オフ、2回目以降は30%オフで購入できます。送料無料・契約回数の縛りが無いのはうれしいですね。

6
酵水素328選生サプリメント
酵水素328選生サプリメント
2.8
メーカージェイフロンティア
お試し価格3,770円
お試し期間30日間
タイプ栄養機能食品

橋本マナミさんやお笑いコンビたんぽぽもおススメする酵水素328選生サプリメントは植物酵素エキス・水素パウダー・沖縄黒糖が配合された生サプリメントです。

豊富なビタミンと業界最多級の328種類の植物エキスによって、ダイエット中でも美容と健康をサポートしてくれます。

7
メタバリアS
メタバリアS
2.5
メーカーFUJIFILM
お試し価格500円
お試し期間14日間
タイプ機能性表示食品

メタバリアSはFUJIFILMから発売されているサプリメントです。サラシア由来サラシノールが消化酵素の働きを抑えて脂肪の分解を抑制し、更に分解されなかった糖が大腸のビフィズス菌をふやすことで腸内環境を整えてくれます。

トライアルコースの他に、お届け間隔が1か月毎~3か月毎で選択できる定期コースもあります。

【徹底比較】内臓脂肪の燃焼を目的としたサプリの正しい選び方

内臓脂肪対策のサプリというと、ダイエット目的のサプリメントが数えきれないほど存在していますよね。

主にダイエットに関する言葉でいうなら、カロリーオフや糖質カットや脂質カット、最近ではサプリタイプのプロテインや青汁でもダイエット商品が増えてきています。

ドラッグストアに売られている安いものから、高い医薬品まで揃っていますが、すべてが「内臓脂肪を燃焼させるサプリ」わけではありません。市販のダイエットサプリの種類と特徴を比較してみましょう。

脂肪燃焼系のサプリ腸内環境改善系のサプリカロリーカット系のサプリ糖質カット系のサプリ
価格の相場少し高め少し高め安いものが多い安いものが多い
内臓脂肪へのアプローチ
内臓脂肪に直接アタック
内臓脂肪に間接アタック
内臓脂肪の予防
内臓脂肪の予防
相性の良い人普通~肥満体型で今ある内臓脂肪が気になる人痩せ~肥満体型でダイエットを含めた美容を気にする人痩せ~普通体型で今の体型を維持したい人痩せ~普通体型で今の体型を維持したい人
今ある内臓脂肪には脂肪燃焼系サプリ

どんなダイエットを求めるかによって選ぶべきサプリは全く違います。例えば、安い理由だけで購入したサプリを飲み続けてもいつまでも結果が出ないかもしれません。

「内臓脂肪を落として減らす」ことが目的なら、脂肪燃焼の効率が一番いいタイプのサプリを選ぶことがダイエット成功のきっかけになります。

サプリの狙い目は「機能性表示食品」

内臓脂肪により効果的にアタックするサプリとして、最近注目されているのが「機能性表示食品」です。DHCをはじめとするこれまでのサプリが「栄養機能食品」で、機能性表示食品は効果がよりしっかり証明されているサプリメントのことを言います。

  • 機能性表示食品…特定の効果/効能が実証されている
  • 栄養機能食品…効果/効能は実証されてない(謳えない)

一昔前までは「なんとなく効いてるような効いてないような…」というイメージのサプリでしたが、この機能性表示食品には実際の成功例が多いです。内臓脂肪や皮下脂肪を落とすサプリを選ぶ際の基準にするといいでしょう。

チェック! 機能性表示食品は内臓脂肪を減らす科学的根拠があるサプリメント

内臓脂肪をギュッとダイエット!「葛の花サプリ」の効果とは?

内臓脂肪や皮下脂肪を効率的に落とすことができると今人気が急上昇中なのが、機能性表示食品の「葛の花サプリ」です。葛の花イソフラボンに内臓脂肪を落とす効果が確認されているため、他のサプリメントよりもダイエット成功への信頼性が高くなっています。

葛の花イソフラボンには「脂肪の合成を抑制、脂肪の分解を促進、脂肪燃焼を促進」という3つの機能が確認されており、内臓脂肪の予防から排出までの一連の流れを、コレ一つで叶えることができるとされています。

葛の花サプリの効果

  • これ以上の内臓脂肪を増やさない
  • 今ある内臓脂肪の分解をサポート
  • 今ある内臓脂肪の燃焼をサポート

葛の花サプリのすごいところは、運動を併用していない人でも内臓脂肪や皮下脂肪が落ちたというデータがあるところです。さすがに葛の花イソフラボンのパワー以上に食べ過ぎてしまうと効果は落ちてしまいますが、運動が難しい人にとっては理想的なサプリになるとも言えますね。

内臓脂肪にどう効く?DHCサプリの口コミ解析

市販されているサプリメントの中では不動の知名度を誇るDHC、ドンキやコンビニ、ドラッグストアなどほとんどの店頭にあり、なおかつ安いため「サプリを探すならまずDHCから」というイメージが定着していますね。

DHCのサプリの中にも、しっかりと内臓脂肪燃焼用のアイテムが存在します。テレビCMでの芸能人起用で話題になった「フォースコリー」がそれにあたります。

では、本当にフォースコリーを飲んでテレビCMのような引き締まった体になるのでしょうか?実際に体験した人の口コミをまとめてみました。

太りにくくなった?|評価…星4個
1日2回朝と昼の食前に飲んでいました。立ち仕事で基本的にそれ以上運動はしていませんが、以前よりも太りにくくなったような気がします。(24歳)

まだ変化なし|評価…星3個
サプリってこんなもんでしょうかね。一応3ヵ月近く飲み続けていますが、この変化のなさはCM詐欺と思われても仕方がないかもしれないです。(34歳)

脂肪が減っている気がしない|評価…星15個
フォースコリーってDHCの中で結構高いサプリなんですよね。とりあえず1袋毎日飲み続けてみたけど…、脂肪が減っている気がしない。続けるのもお金が…。(25歳)

運動ブースター|評価…星4個
毎朝のジョギング前に飲むと体が熱くなるというか、代謝が上がって脂肪が燃焼している感じがします。運動ブースターとでもいうべきでしょうね。(31歳)

副作用も効果も何もなし|評価…星3個
副作用?でおなかが痛くなるような口コミがあったけど、私は大丈夫でした。ただ、体型も変化してくれません。運動、しなきゃダメかなあ…。(36歳)

口コミまとめ | サプリ×運動で効果がある?

フォースコリーの口コミをまとめてみると、効かない、効くの賛否両論が激しい印象がありました。効かない人に多かったのが特に運動を追加せずサプリの力だけで内臓脂肪を燃焼させようとする人。

そして、効いた人の多くは、普段から運動代わりになる仕事をしているか、ジョギングなどの軽い運動と併用して内臓脂肪を燃焼させようとする人、でした。

脂肪の燃焼効果というよりも、「脂肪が燃焼しているときに、より燃焼機能を加速させる」効果があるといえるような口コミですね。

一緒に体を動かす派の人には相性の良いサプリになります。一方であまり運動できない派の人ならシボヘールのような機能性表示食品が向いているといえるでしょう。

【サプリの効果なし?】内臓脂肪が付いてしまう6つの習慣

内臓脂肪の燃焼率を上げるために、頑張ってサプリを飲んでいるけど、なかなか効果が感じないことがあります。
効果が感じない時ほど、日常的な習慣にて内臓脂肪を付いてしまうことから、以下の6つの事を確認して欲しいです。

  • 食べ過ぎ(脂質糖質とりすぎ)
  • 運動不足
  • ストレスの溜めすぎ
  • お酒の飲みすぎ
  • 睡眠不足
  • 食事抜き

食べ過ぎ(脂質糖質とりすぎ)

お米や麺類などの糖質が大好きで、お腹がいっぱいになるまで、つい食べ過ぎてしまいます。
摂取カロリーが多いと内臓脂肪の原因にもなりますので、普段から腹8分目に抑えておきましょう。

運動不足

もともと運動することが苦手で、エスカレーターやエレベーターがあるところは積極的に利用してしまいます。
しかし自分ができる運動を継続することで、脂肪を燃焼しやすくなり、痩せやすい体へと導くことができます。

ストレスの溜めすぎ

上司や先輩に無理な仕事を押しつけられたり、営業でのノルマが増えるとストレスが溜まります。
ストレスを溜めたままの食事は、内臓脂肪が増える原因として上げられることから、趣味や運動などで減らしてみましょう。

お酒の飲みすぎ

仕事上での飲み会が多かったり、合コンが楽しいとつい飲みすぎてしまいます。
過剰な飲酒は、内臓脂肪が溜まりやすいことから、コップで1~2杯程度の分量に抑えておきましょう。

睡眠不足

仕事で残業が続いてしまったり、飲み会が続いてしまうと終電近くに帰ることが多く、慢性的に不眠が続いてしまいます。
寝不足で食事を抜いたり、食欲減退にも繋がることから、ある程度の睡眠時間を確保して心身ともに疲労を改善しましょう。

食事抜き

寝不足が続いているから、朝はギリギリまで寝てしまい、つい朝食を抜いてしまいがちです。
しかし逆に太ってしまうことから、3食キッチリと食事し、栄養の偏りが気になればサラダを積極的に摂りましょう。

内臓脂肪を増やさない2つの改善方法

以上の悪習慣を続けますと、内臓脂肪が付きやすくなってしまい、サプリを飲んでも効果が少ないのです。
しかし、日常的に内臓脂肪が付いてしまう習慣もあれば、逆に気を付けることによって付きにくくすることもできます。

解決策として上げるのは、食事のコントロールと継続した適度な運動です。
最初は内臓脂肪が減らなくても、プラスαとしてサプリを摂取することで、次第に変化が感じられるようになってくるでしょう。

内臓脂肪をより減らすには?サプリと漢方を徹底比較!

内臓脂肪を減らすサプリで注目されているのは葛の花サプリなどの機能性表示食品ですが、実はそれ以上に効果が高いものも存在します。それは医薬品です。

病院などで処方されたり、第2類・第3類医薬品ならドラッグストアでも購入できます。副作用のリスクは上がりますが、まぎれもなく「一番効果的な内臓脂肪燃焼アイテム」になります。

医薬品は、すべてが副作用のリスクが高いわけではないため、選び方によってはサプリよりも効率的に内臓脂肪を落とすことができます。ここでは医薬品の中でも副作用のリスクが少ないといわれる漢方薬(防風通聖散)と、機能性表示食品(葛の花サプリ)を比較してみましょう。

漢方薬
(防風通聖散)
機能性表示食品
(葛の花サプリ)
メリット即効性がある
運動なしでも内臓脂肪を落とす
運動なしでも内臓脂肪を落とす
副作用のリスクが極めて少ない
誰でも飲める
デメリット用法を守らないと副作用がある
飲める人を選ぶ
薬ほど即効性はない

 

漢方薬をはじめ、医薬品は本来医師の判断のもとで処方されるため、飲める人、飲めない人が分かれるのがサプリとの大きな違いです。ただ、内臓脂肪への即効性はサプリよりも高く望めるため「飲める資格があるならおすすめ」できます。

おすすめの漢方薬(防風通聖散)

■生漢煎【防風通聖散】


全国的にチェーン店を展開しているアインズ&トルぺの漢方薬(防風通聖散)です。他の市販の防風通聖散と比べると満量処方(100%濃度の成分)のため、より高い内臓脂肪燃焼の効果が期待できます。

生漢煎【防風通聖散】の詳細はこちら>>

おすすめ!内臓脂肪の燃焼サプリは食事・運動と合わせて効果UP

服用するだけで内臓脂肪の燃焼効果が期待できる漢方やサプリメント。しかし、「ダイエット効果をもっと早く実感できれば…」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、もっと燃焼効果を感じるためにおすすめの方法を紹介します。毎日続けることが重要ですよ。

  • 3か月継続してサプリ・漢方の効果を判断
  • 大切なのは食生活の改善!
  • 簡単な運動で脂肪を燃やす!

最低でも1つ実行してみましょう。可能なら上に書いた3つのポイント全て実行できればより良い結果が期待できます。では、食事・運動について具体的には何をすればよいのか書いていきます。

食事のコントロールで燃焼効果アップ

少し大げさな例ですが、数日間食事量を減らせば体重はすぐにダウンします。つまり、食生活を変えるだけでより早い段階でダイエット効果を感じられるのです。

脂肪燃焼を促す食材について解説します。これらの食材が含む成分は内臓脂肪燃焼サプリによく含まれています。

※リバウンドの恐れがあるので食事をとらないダイエットはやめましょう。

内臓脂肪の燃焼を促す成分

  • ビタミンE(多く含む食材:卵・アーモンド・かぼちゃなど)
  • ビタミンB(多く含む食材:卵・レバー・豚肉など)
  • タンパク質(多く含む食材:鶏肉・青魚・チーズなど)

これらの成分に期待できる効果として、ビタミンEは血流を良くすることにより、代謝を上げる効果があげられます。ビタミンBは糖質代謝を促したり、脂肪を燃やす効果があります。

また、タンパク質は筋肉の生成に関わってくる成分です。筋肉量を維持しつつ体重を減らすことで、効率よく脂肪を燃やすことができます。さらに筋肉がつくとリバウンドもしにくくなります。

これらの成分を含む食事をとることで美しい体型を叶えることができます。

スリムな体を維持させたいなら3食とりましょう

確かに食事をとらないと簡単に体重を落とせます。しかしながら、厳しい食事制限はリバウンドの原因になるため、ダイエットが上手くいくことはなかなかありません。

筋肉量を落とさないことはダイエットする上で重要なポイントです。脂肪だけでなく筋肉も燃やしてしまうとダイエット後の体型維持が難しくなります。

食事をとらないと体は栄養を欲した状態になるので、ちょっとの食事量でも脂肪として体に溜め込もうとしてしまいます。

スリムな体型を維持するためには、単に絶食するのではなく、食べる量をコントロールしつつ毎日3食食べるようにしましょう。

簡単な運動がおすすめ!脂肪をもっと燃焼させよう

ダイエットと運動は切っても切れない関係にあります。これはダイエットしてる方なら何度も聞いていることでしょう。

痩せるためには必ずしもハードな運動は必要ありません。そこで室内でもお手軽に続けられる運動を紹介します。簡単ですが脂肪燃焼効果の期待できる運動ですよ。

踏み台昇降

踏み台の昇り降りを15分連続して行います。脂肪燃焼効果の期待できる運動です。踏んでも潰れないものでしたら踏み台は専用のものでなくてもOKです。ご自宅に階段があればより手軽ですね。

昇り降りを繰り返すだけなので、音で近所迷惑になることもありません。手軽に始めやすい運動の一つですね。

エア縄跳び

室内でもできるシンプルな運動です。手軽にできるものの中では最も脂肪燃焼効果が高いでしょう。ただ、その分疲れやすい運動とも言えます。

縄跳び無しで、合計10分以上縄跳びをしているように跳ぶと高い脂肪燃焼効果を期待できます。10分以上連続して飛ぶのは難しいため、例えば3分間×3セットなど続けやすい方法で行うのがおすすめです。

もも上げ(足踏み)

姿勢を正して、背骨を伸ばし、両ももをその場で交互に高くあげる運動です。より高くあげることで高い脂肪燃焼効果があります。

脂肪燃焼効果を得るには150回以上ももを高くあげる必要があります。大変そうにも思えますが、例えばテレビをみながらでもできるので手軽に行えるでしょう。

続けるには飽きずに行える運動を

自宅で手軽にできる運動は簡単にでき、ハードでは無いため楽なのですが、飽きてしまう方が多いようです。でも、人間なのでしょうがない部分でもあります。

飽きないで行える運動としてウォーキングがあげられます。

飽きないというより、ウォーキングは日常生活の中で無理せずに行える運動ですね。例えば時間があるときに外を歩いたり、意識して階段を使ったり、ショッピングしながらデパート内を歩いたりなどです。

より多く歩くほどウォーキングは脂肪を燃やします。最も簡単で手軽な運動といえますね。